インプラント
診療時間

インプラントは近年関心の高まっている治療法です。不幸にも歯を失ってしまった時、これまではブリッジ(歯と歯に橋をかける治療方法)や入れ歯によって補われていましたが、インプラント治療では人工の歯根を埋め込むことで自分の歯のように自然な噛み合わせが実現でき、見た目も天然歯のように美しいのが特徴です。

なぜインプラント治療がよいのでしょうか?従来の入れ歯やブリッジでもいいのではないか?とお考えの方もいらっしゃると思います。 インプラント治療を勧める一番の理由は、従来の方法では失われた歯根までは回復できないからです。インプラント治療なら骨に埋まったインプラントが骨にしっかり結合しているので、噛む力も天然歯と比べて遜色ありません。 基本的にインプラントはチタン製ですので、欠損したり腐食したりすることは殆どありません。一本か数本、あるいはすべての歯を失った場合にも、半永久的に新しい歯を得る方法として効果的です。

様々なインプラント治療法

インプラント治療を行うには、患者様が治療に適しているかなど精密な検査が必要になります。インプラント治療は手術が必要であり、埋め込んだフィクスチャー(インプラントの歯根部分)が骨にしっかりと固定されるのを待たなければならないため、治療期間も早くて二ヶ月から長いと一年近くかかる場合もあります。当院では、患者様とじっくり話し合い最も適した治療法をご提案いたします。

前歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。
奥歯を失った場合
従来では部分入れ歯などで補うのが通常でした。しかし、金属の金具が邪魔であったり、うまく食べれないなど不快感が残ります。しかし、インプラントをすることで、しっかりと噛みあい天然歯のような噛み心地を得られます。
全ての歯を失った場合
従来の総入れ歯ではガタつきや発音障害、お手入れの面倒臭さなどがありましたが、インプラントを行うことで取り外す必要のない人工歯を手に入れることが出来ます。