インプラント
診療時間
口腔外科というと、親知らずなどの歯を抜くというイメージが強いのですが、意外と多い割合をしめるのが、転んだり、ぶつかったりしてできた怪我の処置です。くちびるやお口の中が切れてしまったり、歯が折れたり抜けてしまったり・・・。そんな時はどれだけ早く治療を受けるかによって、治る確率が変わってきます。
特に、歯が抜けてしまった場合、すぐに治療すれば、元に戻る確率がかなり上がります。そのため、予約外でも優先的に治療いたします。可能であれば、抜けてしまった歯は、乾燥しないように牛乳やコンタクトレンズの保存液などに入れてお持ちください。

歯科口腔外科の治療内容

インプラント
骨移植、仮骨延長を伴う高度治療
顎関節症
口を開けると、カクカク音がする・痛い
顎顔面外傷
口腔内裂傷、歯牙脱臼・歯槽骨骨折、顎の骨折
顎変形症
上下顎前突症・開口症
舌疾患
舌炎・舌痛症・口腔乾燥症
口腔粘膜疾患
口内炎・口腔ガン
いびき
マウスピース作成(歯ぎしりにも効果的)

顎関節症について

顎関節症は直接歯に痛みを感じることが少ないために、はじめは耳鼻咽喉科や整形外科を受診し、異常なしと診断されることも少なくないようです。顎関節症には顎の筋肉の弱さや口腔の習慣、心労・強いストレスなど様々な原因が考えられます。顎関節症の原因として多いのは、上下の歯のかみ合わせだと考えられます。

上下の歯の噛み合わせが悪くて、下のあごが横にずれ、関節頭が正しい場所に位置していないときは関節部の構造が変化して、関節症の症状をおこすといわれています。まずは歯科医療の観点から原因を分析し、治療法を立てていきます。顎の構造は非常に複雑で、顎関節症が全身に与える影響は少なくありません。症状があてはまる方、お悩みの方はまずは、お気軽にご相談ください。

親知らずの治療について

親知らずは抜く必要がある場合と、そうでない場合があります。また、親知らずは誰にでもあるわけではありません。生え方も まっすぐ生えてこないで、ななめに生えてきたり、骨の中に埋まったままになっていたりと様々です。親知らずは歯列の一番奥に生えてくるためになかなか歯ブラシが届かないので、虫歯になったり、歯肉が腫れたりすることがあります。しかし親知らずは必ずしも抜く必要はありません。しっかりとブラッシングを行い、虫歯予防を心がければ上手に付き合うことができます。また、他の歯がだめになった場合など歯の移植を行い、必要のないと思われていた親知らずを有効活用することが出来るのです。

もちろん、親知らずが原因で手前の歯に虫歯が出来たり、頻繁に歯肉が腫れたり痛くなったりする場合は抜いた方がいいことも少なくありません。いずれにせよ、親知らずの治療については歯科医にご相談ください。