インプラント
診療時間
明るい笑顔、美しい口元はお子さまの未来への素晴らしいプレゼントです。将来、虫歯の無いきれいな歯並びと、良いかみ合わせになるためには、予防処置を含めた、早い時期からのしっかりしたケアが大切です。
お子さまのために、小さな頃からきちんとしたお口のケアを行うことが出来るのは、お父さま・お母さまやご家族の皆さまなのです。専門的な情報をまじえてお手伝いさせて頂ければ幸いです。お気軽にご相談ください。

ダラダラ食べないで時間を決めて、食べよう!

いつもお口の中に食べ物が入っている状態は虫歯菌の思うつツボです。虫歯にならないためにも食事と食事の間にお口の中を休める必要があるのです。
食べたり飲んだりすると、お口の中が酸性に傾いて歯が溶け始めます。虫歯菌にとってこの酸性の環境は住み心地がいいのです。
それでも虫歯になるとは限らないのは、「唾液」が酸を洗い流し、中和して溶け出した歯の表面を元に戻してくれているからです。
食事のたびにお口の環境が虫歯菌危険ゾーンに下がりますが、唾液により健康ゾーンに戻ります。リズムある食生活をしていると、お口の中が健康ゾーンでいる時間が長くなり、虫歯の危険は低くなります。
せっかくお口の中が健康ゾーンに戻りかけたのに、危険ゾーンに逆戻り。特に寝ているときは唾液がほとんど出ないので、寝る前のおやつは虫歯の危険度がとても高いのです。