インプラント
診療時間
当院では予防歯科を非常に重要と考えております。効果の高い歯磨き方法の相談、フッ素塗布やシーラントなどの予防処置、クリーニングを兼ねた定期健診。不具合が生じる前に通院することにより、回数・時間がかからず、痛みを伴わない快適な処置のみで健康が維持できます。また、治療を行った歯が再びトラブルを起こさないためにも予防歯科は重要です。定期的なメインテナンスによって、より長期間にわたって治療部分を良い状態に保ちます。

予防歯科の一環としてPMTCがあります。歯ブラシやデンタルフロスでは取りきれず口臭や歯周病の原因となるバイオフィルムなどを取り除いていきます。やわらかいゴムや樹脂などのPMTC専用機材を使用しますので、痛みもなく、マッサージ効果でむしろ気持ちがいいとおっしゃる方が多いです。 いずれも専門の資格を持ったスタッフが行いますので、安心して、またお気軽にご利用ください。

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は歯科医師や歯科衛生士といった専門家による専門器材を用いた歯のクリーニングです。従来の歯石取りとは違い、施術中の痛みがないのが特徴です。タバコのヤニや茶渋などの沈着物を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。さらに、歯の表面を特殊な薬でコーティングすることで汚れを付きにくくします。

普段落としきれない汚れも徹底的に掃除するのはもちろん、お口の中がすっきりするだけでなく次のようなメリットもあります。

歯の強化
エナメル質と結びついて歯を丈夫にするので、虫歯になりにくい抵抗力のある歯質を作ります。
虫歯予防
細菌に作用し、虫歯の原因となるような酸の生成を制御します。
再石化
虫歯で歯が溶け初めた部分の再石化を助ける働きがあります。
歯周病を予防
歯の表面及び、歯肉の溝1~3㎜のプラークを除去することにより、歯周病の予防、歯肉炎の改善につながります。

フッ素塗布

フッ素にはエナメル質の、歯を溶かす酸への抵抗力を強める働きがあります。歯の表面に塗ったり洗口することにより虫歯を予防する効果があります。小さなお子様にもこれから生えてくる大事な永久歯が健康的に成長するためのにお勧めの治療法といえます。

フッ素洗口はブラッシング後フッ素を用いて毎日洗口(うがい)するだけのご家庭でもできる虫歯予防法です。お口の中にフッ素が多少残っていても問題ありませんので、安全面からもお勧めであると言えます。

シーラント

シーラントは奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。

このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。 シーラントは虫歯のない歯を対象にした予防です。しかし、フッ素、シーラントによる処方はあくまでも歯の強化にすぎません。一番大切なのはご家族の「仕上げ磨き」と「定期検診」であるということを忘れないでください。